Zolaで遊ぶ

Rust製SSGのZolaでビルドスピード 2020年7月度

Rust製SSGのZolaでビルドスピード 2020年7月度

ビルドの速さが気になったので、80文字程度の簡単なサンプル記事(100ページから1000ページ)で自作テーマから、Rust製SSGのZolaでビルドスピードを確認してみるテスト。2020年7月度

個人的なメモ書き。

SSGについて

  • SSGとは、Static Site Generator(スタティック サイト ジェネレーター)のこと。
  • スタティック サイト ジェネレーターとは、静的サイトジェネレーターのこと。
  • スタティックサイトジェネレーターで検索すると「静的サイトジェネレーター」で認識されている模様。

Zolaのテスト環境

  • Zolaのバージョン: 0.11.0
  • サンプル記事の文字数: 80文字程度(bash生成)
  • ページ数:100-1000ページ
  • 使用テーマ:自作テーマ
  • パソコン: ThinkPad X230(Lenovo)
  • OS: xubuntu 18.04.4 LTS (Bionic Beaver)

Zolaのビルドスピードをチェック

ビルドの速さを調べるために、3回くらいビルドチェックをしたので、同数ページのビルドで生成時間に大きな変化は無い。

  • 1000ページ:およそ17.5秒
  • 800ページ:およそ11.3秒
  • 500ページ:およそ4.5秒
  • 400ページ:およそ3秒
  • 300ページ:およそ1.7秒
  • 250ページ:およそ1.2秒
  • 230ページ:およそ1.0秒
  • 200ページ:およそ0.8秒
  • 100ページ:およそ0.25秒

Zolaを使うイメージ

現時点(2020-07-18)では、500ページ以下の規模だとバランスが良さそう。

記事数の増えるお知らせなどは、検討の余地あり。

サイト設計からサブディレクトリで分けて、都度にZolaを使うとか。

ビルドの速さ・生成時間が許容できるなら、Zolaで構築もアリ。

補足

ページビルドの速いと言われるHugoだと、同じ内容の文字数で1000ページの生成時間は「約2秒」でした。

HugoはZolaよりも圧倒的な速さのビルドスピード。(Hugoは2000ページでも2391ms:約2.4秒)

まとめ

Zolaのバージョンが上がれば、ビルドスピードは改善されるのか不明です。(期待したい)

用途・サイト規模・設計によっては、同じSSGでHugoもアリ。

個人的には使いやすいZolaは好きなSSGですが、現時点ではブログ用途だと不向きかもしれない。

※週1投稿で、月4件、年48ページ、10年で480ページ、20年で960ページ。